マイクロバス 貸切は安いバス料金から安心の時代へ

マイクロバス 貸切の料金についてご紹介しましょう。

安いバス料金ということから安心という時代へ、マイクロバス 貸切は移ってきています。
マイクロバスなどのマイクロバス 貸切の料金制度の新しいものが、2014年7月にスタートしました。この制度は、マイクロバス 貸切の安全性をアップさせるためのもので、ドライバーの労働環境の改善とマイクロバス 貸切を運行する場合の安全を反映しています。

運賃は時間・キロ併用制のものを採用しており、仕組みは運賃をキロ制運賃と時間制運賃を合算して計算するというように、分かりやすくて合理的なものになっています。

また、安全性を考えて利用することができる時間も決められています。
ドライバーが連続して運転することができる時間は4時間までと決められており、30分以上の休みを4時間に1回は取るように決められています。
1日に運行することができる時間は、全体で9時間〜11時間くらいが限度です。

この料金制度の新しいものが始まる前は、マイクロバス 貸切の業界は安さ第一で激しい価格競争が行われていました。
しかしながら、この制度が始まってから、料金はほとんど横並びになりました。その代わり、安全性が従来以上に実現されています。

お金よりも何よりも人の命に代えることができるものはありません。
また、自分が幹事をして予約をした際にも他の人の命を守れることとなるのです。